クリスマス問題16!あなたはいくつ分かるでしょう?

クリスマスといえばキリスト教徒にとって
最も重要なイベントの一つです。

しかし一方でサンタクロースがやってきて
良い子にプレゼントをくれたり、
素晴らしいごちそうをお腹いっぱいに
食べることのできる楽しい日としても有名です。

今日はそんな荘厳でなおかつ楽しみな
クリスマスに関する問題を16個お届けします。

大人からお子様まで、このクリスマス問題を出し合って
素敵なクリスマスを迎えてくださると嬉しいです!

クリスマスの準備編

1.近年になって海外から日本へ取り入れられた文化で、
12月の始まり頃からクリスマスまでの準備期間を
1日ずつ楽しむカレンダーの名前は?

 

 

 

 

答え:アドベントカレンダー

2.クリスマスツリーに使用される木は何?

 

 

 

 

答え:モミ

3.クリスマスツリーを考案したのは宗教改革を提唱したドイツ人、
○○である。さて、誰でしょう?

 

 

 

 

答え:マルティン・ルター

4.クリスマスツリーの一番上に飾る星、
トップスターは何を表しているでしょう?

 

 

 

 

答え:イエスキリストの誕生を東方の三賢者に知らせた
ベツレヘムの希望の星

クリスマスの食べ物編

5.クリスマスケーキを日本で最初に販売したのはどこでしょう?
 

 

 

答え:不二家

6.シュトーレンはどこの国のクリスマススイーツでしょう?

 

 

 

 

答え:ドイツ…ドライフルーツやナッツ類をふんだんに入れ込んだ
楕円形のパンのようなお菓子。
クリスマスの前から少しずつ切って食べます。

7.シュトーレンの楕円形は何を表しているのでしょう?

 

 

 

 

答え:おくるみに包まった、生まれて間もないイエスキリスト

8.パネトーネはどこの国のクリスマススイーツでしょう?

 

 

 

 

答え:イタリア…シュトーレンに似た、ドーム型をした
パンのようなケーキ。
こちらもクリスマス前から食べはじめます。

9.クリスマスプディングはどこの国のクリスマススイーツでしょう?

 

 

 

 

答え:イギリス…ドライフルーツ、ナッツスパイスをたくさん使い、
ブランデーに漬け込んだものを生地に入れ、蒸しあげて作ります。

10.ブッシュドノエルはどこの国のクリスマススイーツでしょう?

 

 

 

 

答え:フランス…ロールケーキにチョコレートクリームで
デコレーションがされています。

11.ブッシュドノエルはフランス語ですが、
日本語ではなんという意味になるでしょう?

 

 

 

 

答え:クリスマスの薪

12.日本でクリスマスに食べられているといえばチキン。
ではローストターキーに代わってチキンを食べる習慣を
日本に普及させたのはどこの会社でしょう?

 

 

 

 

答え:ケンタッキー・フライド・チキン

サンタクロース編

13.サンタクロースのモデルになった人物は
どこの国の人?

 

 

 

 

答え:トルコ

14.現在サンタクロースが住んでいる国は?

 

 

 

 

答え:フィンランド

15.サンタクロースのソリを引くトナカイは全部で9頭いますが、
一番最後に加わったトナカイの名前は?

 

 

 

 

答え:ルドルフ…他にはダッシャー、ダンサー、プランサー、
ビクセン、ドンナー、ブリッツェン、キューピット、コメットがいる

16.ルドルフはサンタクロースのソリの何番目を引いているでしょうか?

 

 

 

 

答え:1番目(先頭)。『赤鼻のトナカイ』で暗い夜道をピカピカの
お鼻で照らしているのはルドルフなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いつも当ブログを読んでいてくださる方々には
物足りなかったかもしれませんね。

クリスマスツリーやおいしいスイーツ、
サンタクロース、トナカイ達など
多岐に渡ってクリスマスをご紹介させていただきましたが

まだまだ私たちの知らないクリスマスの情報は
たくさんあります。

これからもよりディープなクリスマスの世界を
読者の皆さんと一緒に楽しめるように
調査していきたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加していますので、よろしければ応援をお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
季節の行事ランキング